会社情報

ごあいさつ

信頼こそが全ての礎

開成工業株式会社は、令和元年10月に創業60周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、お取引先様をはじめとする弊社に携わる皆様のご指導、ご支援の賜物と、心より感謝申し上げます。

開成工業は、昭和37年サンドブラスト方式による表面加工をスタートし、その後ヘアライン加工、スリット加工など、プラスチックフィルムの二次加工メーカーとして、多様化する市場ニーズに応えてまいりました。

現在では、フィルムの異物検査ならびに異物除去など、光学材料を中心にその要求は拡大しています。

サンドブラスト方式による弊社の機能性フィルムは、シールラベル用粘着フィルム、電子材料製造工程フィルム、および、建材や工業用フィルムに至るまで幅広い事業分野に採用されており、独自性のある製品の提供は業界においてトップシェアを誇っています。

また、年々多様化するお取引様からの要望に対しては、コア技術を軸とした技術の融合においてワンストップで対応出来る製品開発に取り組むと同時に、これまでにないモノをカタチにすることをコンセプトに、産学共同研究にも力を入れております。

お客様に満足いただく製品を提供することが、信頼関係の構築に一番大切なことであり、「信頼こそが全ての礎」だと考えています。

近年、環境保全への意識が世界的に高まっており、地球環境との共存共生を考えた企業経営が重要視され始めています。

弊社は引き続き事業を通じ、人に社会に未来へのタネマキをする中で、環境に配慮したケミカルフリーな製品の提供を中心に、新たな“shinka”(進化・深化)を遂げてまいります。

引き続きこれまでと変わらぬご支援とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。

開成工業株式会社       
取締役社長 荒木 俊明

会社概要

本社

社 名 開成工業株式会社
設 立 昭和34年10月15日
資本金 2,000万円
社   長 取締役社長 荒木 俊明
本   社
〒258-0021
神奈川県足柄上郡開成町吉田島4301
TEL: 0465-83-1321 (代)/FAX: 0465-83-1327

営業部門 

〒101-0032
東京都千代田区岩本町3-5-8 岩本町シティプラザビル8F
TEL :  03-3861-6555(代)/ FAX :  03-3861-6650
【アクセス】
・都営新宿線岩本町より徒歩5分
・JR秋葉原駅より徒歩8分、JR神田駅より徒歩10分
・東京駅よりタクシー 約15分
 ※八重洲中央口前からタクシーに乗車し八丁堀方面へ向かい、昭和通り(京橋一丁目交差点)を左折し約3Km直進した後、靖国通り(岩本町交差点)を右折し2つ目の信号(大和橋)右手。

  • - 新規開発部
  • - 開発グループ
  • - マーケティンググループ
製造部門

パナック工業株式会社 開成工場
〒258-0021
神奈川県足柄上郡開成町吉田島4301
TEL :  0465-83-4111 FAX :  0465-83-5800

沿革

昭和34年10月

神奈川県足柄上郡開成町吉田島4005番地に資本金500万円にて設立する

昭和37年2月

サンド・ブラスト方式によるフィルム表面加工(マット加工)を開始する

昭和44年12月

フィルムスリット加工を開始する

昭和47年4月

ブラッシング方式によるフィルム表面加工(ヘアライン加工)を開始する

昭和49年12月

小田急電鉄株式会社「開成駅」開設により、神奈川県足柄上郡開成町吉田島3600番地に移転する

昭和50年4月

富士写真フイルム株式会社足柄工場と印画紙の裁断梱包業務契約を締結、同業務を開始する

昭和59年4月

マット加工機を増設する

平成4年5月

資本金を1,000万円とする

平成4年6月

マット加工機を増設する

平成6年1月

業務改革により東京都渋谷区神宮前5-45-2に本社を移転、旧本社を開成工場とする
マット・ヘアライン・スリットをパナック工業株式会社に
移管し、開成工場をパナック工業株式会社開成工場とする

平成14年1月

東京都千代田区内神田1-3-9に本社を移転

平成20年10月

資本金を2,000万円とする

平成22年5月

本社を東京都千代田区神田多町2-7に移転

平成24年3月

本社を東京都千代田区岩本町3-5-8に移転

平成24年5月

ヘアライン加工機を増設する

平成24年9月

本社を神奈川県足柄上郡開成町4301に移転

平成26年3月

印画紙の裁断梱包業務を終了

平成26年4月

開成工場に営業本部業務グループを新設する

サンプル・カタログ請求

試作お問い合せ

開成ならではコラム 開成工業が良く分かる!