製品情報

スリット

一般工業用途はもちろんのこと、光学用途などの高品位を必要とする製品から特殊グレ-ドや開発品に至るまで、幅広く対応をしております。

主な用途

加工方法

  • 各種フィルムの耳おとし
  • 用途に応じたサイズ変更
  • 広幅から細幅

切る

  • 刃を入れる
  • 連続切断

原反同等もしくはそれ以上の品質を目指して

PET・TACを中心に一般工業用から光学用途まで全てのスリット加工をクリーンルーム内で実施しております。長年にわたりフィルムメーカー技術者と共同開発・研究を行ってきた経験や、スリット・ウェブハンドリングセミナー等で得た知識と匠の技を融合させ、適切な条件で美しく巻き上げるウェブハンドリング技術に自信を持っております。
もちろん条件決定は一定条件のもとで管理し、安定した品質をお届けします。
通常の一般的なスリット以外に開発途上の案件にも、メリットやリスクを現場で確認、相談しながら立会加工も実施しております。
また、各種副資材も当社にて提供しておりますので、お気軽にご相談ください。

加工方式

シャーカット(シアーカット)

シア(shear剪断)・シザー(scissorはさみ)が語源とされています。
はさみで切るように上の刃と下の刃を使用した断裁方法で、スリッターでは丸刃と呼ばれる円盤状の刃物を利用します。はさみの切り込みが円盤状の上下刃の回転により無限に繰り返され、同一サイズで切り続けることが可能です。

屈曲シャーカット

屈曲シャーカットのパスラインイメージ図

下刃とディスタンスピースで構成される下刃軸にウェブを深くラップさせる断裁方法です。

寸法安定度に優れたポピュラーな切り方です。

直線シャーカット

直線シャーカットのパスラインイメージ図

下刃へのラップはほとんどない切り方です。

厚手のウェブのスリットに有効な方法です。

レザーカット

シャーカットとは異なり鋭利な上刃のみを使用する断裁方法です。
薄手のウェブのスリットに有効な方法です。

加工フィルムの実績

【NEW】マイクロスリッター

  • 細幅かつ大径巻きに対応したマイクロスリッター。
  • スリット刃物部がユニット式となっているため、ユニットをカスタマイズすることにより製品に最適な裁断条件での加工が可能。

大型汎用スリッター

  • 40㎜ピッチのフリクション軸を使用しているため多条スリットが可能。
  • 主に開発品など試作加工が主体。
  • デジタル処理が少ないため、任意にさまざまな条件設置が可能。

大型スリッター

  • 光学用フィルムにターゲットを絞り、クリーン度をクラス100レベルまで改善。
  • 軸巻き取り方式を採用。最大2条取り。

汎用スリッター

  • 50㎜ピッチのフリクション軸を使用しているため多条スリットが可能。
  • タッチパネルによる条件登録が可能。

光学用スリッター

  • 全てのロ-ラ-を駆動制御することにより極めてキズの少ない高品位なハンドリングを実現。
  • 全ての巻き取りを単独のモ-タ-でコントロ-ルすることにより高品質で安定した巻取りを実現。
  • スリット部は4種類の通紙パターンと当社独自の刃物組み合わせにより最適な切り口を実現。
  • 最大3条取り。

設備・規格

※クリックで拡大表示

素材

  • PET、PENなど各種ポリエステルフィルム
  • TAC、PMMA、PC、COPなど各種光学用フィルム
  • PI、OPP、CPPなどの樹脂フィルム全般

主な用途

各種スリット後のフィルムは、一般工業用・光学用等に使用されております。

開成工業は工業用プラスチックフィルムを表面処理加工する専門会社です。

サンドブラスト加工(サンドマット)およびヘアライン加工は、弊社の独自の機械設計のもと生み出される表面処理技術で、工業用ラベル、プロセス基材用フィルム、加飾用フィルムとして電子機器、自動車、家電、建材、包装材に至るまで幅広い分野でご採用頂いております。

また、スリット加工、面状検査においては、近年益々要求が高まる高品質に対応し、クリーンルーム内での加工を早くに実現し、より多くのお客様から高い信頼を頂いております。