製品情報

サンドマット

マット加工-
サンドブラスト方式によるフィルム表面処理加工技術

主な用途

主な機能

加工方法

  • ラベル用途
  • 工程紙用途
  • 加飾用途
  • 密着性向上機能
  • 転写箔機能
  • 意匠付与機能
  • ブロッキング防止機能
  • 摩擦軽減機能(滑り性)
  • 目隠し機能

打つ‐投射

  • ぶつける
  • 当てる
  • 飛ばす
  • 削る

 サンドブラスト加工(マット加工)は、プラスチックフィルムに微細な砂を投射し(打ちつけ)、表面に凹凸をつける加工技術です。
凹凸形状になった表面は梨地状(艶消し)になり反射率が軽減します。また、表面積も大きくなりプラスチックフィルムに多くの機能を付与する加工技術です。
特に練り込みマットフィルムやコーティングマットフィルムでは表現が困難な、微細な鱗(うろこ)片状の凹凸をフィルムに付与することが可能で、環境への負荷も少ないケミカルフリーな加工方法です。

サンドマット SEM写真 500倍

練り込みマット SEM写真 500倍

コーティングマット SEM写真 500倍

 
 

加工方式

ショットブラスト(遠心式ブラスト)で回転するインペラーから研磨材をブレードに供給し遠心力で投射します。
圧縮空気を用いたエアーブラスト(サンドブラスト)とは異なり、多量の研磨材を投射することが出来き加工範囲の調整が可能です。

サンドマット工程フロー

加工フィルムの実績

設備・規格

厚み (μm)

幅 (mm)

最大巻径 (mm)

原材料

16~350

500~1550

650

素材

PET、OPP、PI 、各種樹脂フィルム(ロール形状のフィルム)
※PMMAやPCなど裂けやすい基材は、裏張りがあれば加工対応可能です。

特性

タイプA
(濃い打ち)

タイプD
(一般打ち)

タイプS
(浅打ち)

クリアベース
(未マット加工)

PET厚み (μm)

50

50

50

50

60度光沢値(%)

5.4

11.3

24.6

152.7

表面粗さ(μm)
Ra

0.62

0.43

0.36

0.03

表面粗さ(μm)
Rmax

6.56

5.09

4.45

0.44

濡れ張力(mN/m)

58以上

58以上

58以上

38~40

全光線透過率

92.2

93.5

91.4

90.0

拡散光透過率

78.5

71.2

54.6

7.0

平行線透過率

13.7

22.2

36.8

83.0

ヘイズ値

76.0

76.2

59.7

20.0

動摩擦係数 (平均値)

0.36

0.35

0.41

0.40

静摩擦係数 (平均値)

0.47

0.45

0.62

0.50

※記載値は実測値であり保証値ではありません。

電子顕微鏡拡大写真/チャート紙

電子顕微鏡拡大写真
(SEM写真)500倍

表面粗さ
(チャート紙)

タイプA
(濃い打ち)

A-type-x-500.png

_A.png

タイプD
(一般打ち)

D-type-x-500.png

_D.png

タイプS
(浅打ち)

S-type-x-500.png

_S.png

クリアー
(未マット加工)

clear_mat.png

_S10.png

※サイズ:縦x横=0.2µmx0.4µm

主な用途と機能(効果)

ラベル・加飾フィルム等

建材・電子部材製造工程紙・工業用セパレーター等、用途

主な機能(効果)

転写箔・意匠転写・艶消し・形状転写・目隠し効果

サンドマット形状を被転写面に意匠として付与出来ます。

印刷・ラミネート 用途

主な機能(効果)

密着(接着)の向上                              

サンドマット形状の凹凸により密着面積を広げます。

ブロッキング防止 用途

主な機能(効果)

ブロッキング防止・摩擦軽減                      

サンドマットの凹凸形状が点接触となり、素材同士の密着を防ぎます。

 

採用事例

.png

各種工程紙・転写

label_210x155.jpg

ラベル基材

samart_phone_x140.png

 携帯部品の製造工程紙

関連記事一覧

   

開成工業は各種プラスチックフィルムへの表面加工・検査・洗浄を行う専門会社です。

サンドブラスト加工(サンドマット)およびヘアライン加工は、弊社の独自の機械設計のもと生み出される表面処理技術で、工業用ラベル、プロセス基材用フィルム、加飾用フィルムとして電子機器、自動車、家電、建材、包装材に至るまで幅広い分野でご採用頂いております。

また、スリット加工、面状検査においては、近年益々要求が高まる高品質に対応し、クリーンルーム内での加工を早くに実現し、より多くのお客様から高い信頼を頂いております。